「布刈瀬戸」に因んだ31年目の同窓会        

引き続き、懐かしいシリーズ。
因島大橋がかかる海峡は「布刈瀬戸」と呼ばれ、多くの船が行き交う要衝です。

その名前を冠したヨットクラブがあります。

当時のオーナーの方たちの多くはリタイアされて、若手と呼ばれていた私たち世代が、彼等の当時の年齢を追い越してしまったのです。

それぞれ次世代を育て終えて、今日は31年の時を経て、再会しました。

みんな少しふっくら、薄っすらしていましたが、すぐに誰かわかりました。
昔の写真を見ると当然違うのですが、同じように歳を重ねているので、違和感はありません。
クラブに在籍している方のヨットも、昔に比べて操作しやすく便利になっていました。

帆を袋から取り出して、マストに付けるなんてしません。
1人で楽々操作しています。

昔話は懐かしく、優しい。

すっかり忘れていた穴があったら入りたい、みたいな話も、。

忘れることの効能もあるのです。

(イカの卵です。)

だんだんと高齢化しながら、変わらずそのスタイルを続けているみなさんの笑顔は、素敵でした。
また是非、参加したいものです。

お土産に頂いた採れたての手長ダコとナマコの味は格別でした。

ごちそうさまでした。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。