イラガのその後。どう消毒すればいいのか?

今年は、通算5回もイラガの刺されて、皮膚科に通うことになったのですが、消毒を6月以降に2、3回噴霧器で撒いています。

以前の投稿

綺麗なみどり色で、刺されるとすごく痛いのです。

その上、枝や葉に巣くった幼虫なども枝を切ったりして繁殖を防いだつもりでした。

ところが、1月ほど油断していたら、今までいなかった木にまで広がって、あちこちの木の葉がレース状に幼虫に食い荒らされた状態になっていたんです。
そこで、それをまた切ろうとして、また刺されたりしました。
最後は、刺された直後に手持ちの薬を飲んで、塗り薬を塗っても身体の中で何か違和感を感じたので、しばらく庭の木のそばに寄りたくないと思いました。

散布した薬です。


フェニックスは一番効くと思ったのですが、それでも退治できていませんでした。
御存知の方いらしたら、退治の仕方を教えて下さい。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きで、瀬戸内の穏やかな海が大好きです。

過去に反省点もてんこ盛りだけど、出来る力を出しあってより良い日々を紡ぐ。
そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。