今年もまた、土筆の卵とじ!

私の育った田舎では、子供たちの日々の遊びの中に、土筆、蕨、木苺、グミ、梅桃、筍、蕗、etc、とにかく自然が豊かでした。

IMG_2671

取り立てて有名な場所でもない、ごく普通の日本の田舎でした。

IMG_2678

親の職業も、サラリーマン、公務員、自営業であっても、兼業農家のような家庭が多く、祖父母のいる家庭が多かったです。

子供たちは、遊びの中で自然のものを採ってくることが多く、日々の食卓にそれが上ることも珍しくありませんでした。

土筆は特に身近にあって、ほぼ、毎日採っていました。
袴を取るのが大変で苦味があるのですが、卵とじが大好きでした。

なので、この時期にはどうしても土筆が食べんたくなりますので、産直市場で時々買います。

田舎育ちだと、「土筆を買う!」という発想は以前はありませんでした。

IMG_2686

よく考えるとイチジクも筍もそうです。イチジクの木があったし、近所の畑にはどこでもイチジクの木が植えてあったので、「買う」なんて思ってもいませんでした。

少し伸びた筍は、子供達のチャンバラの道具になっていました。勝手に取っても、怒られたことはありませんでした。

今では、時々頂くこともありますが、土筆もイチジクも筍もほとんど買うしかありません。

そう思うと、昔はなんて豊かだったんだろう!と、思うのです。

IMG_2682

昔なかったものが、今では沢山ありますが、それがあって便利になっていることは多いのですが、それと引き換えに失くしたものも多いと思います。

我が家もこどもたち全員が土筆の卵とじを好きかというと、そうではありませんが、
それでも、「あ、土筆だ!」と喜んで食べる子もいます。

いつまで、味の記憶を伝えられるかわかりませんが、伝えていけるといいな。と、思って毎年作ります。

今年も土筆の卵とじ、せっせと袴を向いて作ります。

IMG_3153 4

 

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。