映画「彼女がその名を知らない鳥たち」が、予期せず良かった。

こんな想いを抱える様な男女関係だけは、絶対嫌だ!と思う関係が描かれていました。

そんな刹那な女が、駄メンズの一途さで護られていた。

「これを愛と呼べるか?」という副題の通りです。

阿部サダオ

蒼井優

松坂桃李

なかなかのキャスティングでした。

見終わったら理由がわからない涙。

これは、どんな涙なんだろう?

「やっぱり普通が1番しあわせ!(生きやすい?)」だと思ってしまいました。

https://www.google.co.jp/amp/eiga.com/amp/movie/86417/

いつも読んでくださって、ありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。