元子ども会役員同士の初めての旅。

子ども会役員って本当は苦手だと思う人も多いと思います。

私もそうでした。

ややこしい保護者の行事に絡んで調整役だったり、小間使いみたいで、しかも学校だけじゃなくて、町内のお祭りごとにも参加するので町内会とも絡むんです。

役によっては、他の学区とも絡むのでみんな怯みます。


でも、子どもがいる以上は逃げられません。

ここまで書くと、嫌だなぁって思われると思うのですが、悪いことばかりでもなく、普段知らなかった人とも仲良くなれることもあります。

たまーにお食事会程度だったのが、10年近くブランクがあって久々に1人のお母さんがやってるお店に集まったことから始まりました。

子どもの手が離れたし、飲み会に行っても帰りが面倒だし、泊まりがけでどこかに行こう!となりました。

転勤して行ったお母さんとも、付き合いが続いている人から連絡が取れて、15年ぶりくらいで再会しました。

地味に金毘羅山に参拝しました。

琴平では、お召列車の様な全席指定の大歩危小歩危までの列車を見ました。

結構な階段で息が上がりました。

神椿という資生堂パーラーもありました。

お昼はそこで頂きました。

夜は 一鶴ならぬ田中屋であれこれと。もちろん雛の鳥足。

親鳥は歯が立ちません。

お腹いっぱい食べ終わったら、今度は近くのコンビニでいろいろ買い込んでホテルに戻りました。

まずは部屋に戻ってみんなで温泉につかったら、さあ宴会です。

おばさんたちがワイワイと四方山話に近況報告にあっちやこっちちで話題が盛り上がります。

あまりお酒に強くない私たちはアルコールは最初の一本くらいで後はノンアルコール。

食べては喋り、喉が渇いたら飲みながら深夜まで。

後は寝るだけです。なんという楽園!

いろいろあったけど、こんな旅が出来るのも良いものだと次の計画も約束して翌日それぞれに帰りました。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。