祈り、

人はどうして祈るのでしょうか?
私の場合「祈る時」は、他に有効な手段が見つからない時が多い様に思います。

神様の領域のとき。
出来たらそういうシチュエーションは無い方が良いと思うのですが、そんなときは対象にとって最善の結果になりますように。と祈ります。

自分のために。

愛する人のために。

関わりのある人のために。

見ず知らずの人のために。

最も苦手な人のために。

祈り易い時あれば、ときにはそうでないときもありそうです。

けれども祈る時はその対象のために無心に祈ることに尽きると思います。
対象にとって最善であれ、と。
祈ることは目に見えないけれど、大きな力になると思います。

今、たいせつな友人のために祈っています。

なんのことかわからないブログになって申し訳ありませんが、一緒に祈っていただけたらと思います。

今日も読んで下さってありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。