麹で作った自家製の甘酒とカスピ海ヨーグルトでラッシーを作る。

甘いもの大好きな私は、健康上の理由からスイーツは控えた方がいいとわかっていながら、やはり止められない。

では、どうする?

甘酒なら同じ甘さでも砂糖由来じゃないし、発酵食品だから腸にもいいと思う。

同じくカスピ海ヨーグルトのタネを貰って作り続けている。

冷蔵庫でタネ菌を牛乳に入れて作れるが、ヨーグルトメーカーでも作れる。(甘酒も炊飯器で作るよりもはるかに簡単でいい。)

その場合は、設定温度が通常のヨーグルトとカスピ海ヨーグルトでは違う。カスピ海ヨーグルトは28度設定で通常のヨーグルトは40度設定でないとうまく固まらない。

カスピ海ヨーグルトに飽きて、途中冷蔵庫で休眠しても、結構復活してくれる。

玄米と甘酒ラッシー、ときに市販のヨーグルトもミックスして、オツウジは快調そのもの。

酵素ジュースを作ったら、酵素ジュースで甘さをつけても美味しい。酵素ジュース仕込み場合に砂糖を使うけれど、発酵するから大丈夫だと言われています。自分で検証まではしていません。

市販のものも沢山あるが、自分で作ったものを食べるのが楽しい。自分の常在菌も働くんだもの。

いろんな発酵食品があります。楽しんだ者勝ち!とばかりに 今日もいただきまーす。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。