山椒

山椒の木には雌雄があって、実のつく木とつかない木があるそうです。
幸いうちの山椒の木は、実がつく木です。

煮た筍の上にちょこんと座っていますが、彩りも香りも良くて、抜群のコンビネーション。

芽を添える前にパンパンと手のひらに乗せて叩いてやるといい香りがたってきます。

お求めになる時は、実がつくかつかないか?要チェックです。

因みにうちの山椒は二本とも、実が付きます。

佃煮出来るまでだと 相当時間かかりそう

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。