自分の打った蕎麦を食べる!

なんとこれ 私が打った蕎麦です。

月一だから、最初の1年はサッパリ分からなかった。

教科書もプリントもなーんにもない。

ただ先生が言って最初に打って見せてくれるのを見ているだけです。

「はい、さあ打って!」、

「えっと、、、、、???」

どこに何が?

これって先生はどうやって使ったっけ?

あの〜、、、って感じで、休み休み行ってりゃ覚えないよね。

初めての日は、10年選手がちゃっちゃと打っていく。

私は触れなくて、なんなの?このおじさん!って思ってたけど、実はみんな後から入って人を先輩が教えるようになってるらしい。

やっとこさ、教室の人と話し出して なんとなく雰囲気がわかってきたのが、ここ半年くらい?

道具も何も買わず、ただ教室で一度打つだけですが、そろそろ3年目になります。

途中でやめるかと思ったけど、なんとか持ちこたえてたおかげ様で、やっと流れがわかってきた感じです。

ぼろぼろ切れずに、美味しく食べれました。

湯がくところもポイント高いです。

たっぷりのお湯で、パラパラほぐし入れたらもう触らない。

お湯の中の対流でグラグラ回り出したらOKです。

冷たいお水で締めたら出来上がりです。

次は美味しい蕎麦つゆが作れるようにならなきゃいけないけど、その作り方は教えてくれない。

最初に教えてるらしいけど、サッパリ紹介されないので、市販のや、我流で頂いてます。

1人で打てるようになるまで、後どのくらいかかるかしら?

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。