15年ぶりの女ともだちと過ごした1日、in Onomichi。

15年ぶりに会うなんて、随分長いご無沙汰でした。

少しふっくらした彼女は、昔のままの語り口調でした。

今日のデートコースは、去年知ったばかりの「コワーキングスペース」

ONOMICHI SHEAR 

目の前は、尾道水道。

最近出来たヨットハーバーも目の前に見えます。

外でも過ごせます。喫煙スペースも兼ねています。

外でゆっくりと尾道水道を眺めながら、コーヒーと持ち込みのクッキーを食べながら、長い空白の時間を埋めるように話し続けました。

あっという間にお昼になって、そろそろランチへと向かいました。
最近お気に入りの日本蕎麦を頂きました。

平日なのに結構な人気で、外にも待ちのお客様。先ずは、日本蕎麦完食。
その次は、お好み焼きの「おのみち焼き」です。これも、完食。
それから少しアーケードの中を散策しました。
ゲストハウスアナゴの寝床を紹介し、中を覗いたら、素敵なお店が開店していました。

本屋さんです。

ゆっくりと本を楽しんでもらいたいって言うオーナーさんは、大阪出身。

尾道の雰囲気が気に入っての移住かしら。

詩集も素敵なのがありました。
音楽も、本を読むのに邪魔にならないような曲です。

販売もしています。

全て、自身のプロデュース。手作りの現在進行形です。

今度はゆっくりと本を読みに来ましょう、と次へ。
車を出して、懐かしい浜へ。

2人が所属していたヨットクラブのディンギーを置いてあった浜です。
彼女は1人でディンギーを操ってました。

風に吹かれて沖合いに流されかけたことも懐かしい。

私は、まだ1人では操れませんでした。

今はもう、そこにディンギーは置かれていません。

すぐ側にウインドサーフィンなどのクラブハウスが出来ていました。

そこの人が、ウエットスーツを着て、1人サップで海に出て行きました。

話し続けてる私たちは、見えなくなって行くサップを眺めながら、肌寒くなるまで話し続けました。

子育ても終わった2人なので、これからはもう少し頻繁に会えるね。と言ってそれぞれの家路につきました。

しあわせな時間に多謝。

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのでしょうが、私の日々の状況はほとんど変わっていません。
最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。