「大地再生」という活動について。我が家の庭のイラガ問題から繋がっていきました。

自然農や食に関しての興味を持っている人たちからの情報で出会った「大地再生」の活動に参加して来ました。

今日は大崎上島という瀬戸内海に浮かぶ島にある柑橘栽培の農家さんのお宅での「見立て」です。

「見立て」とは、そこの土地の土と水と空気の流れがそこの土地の中でどう動いているのか?をその場の状況から見立てることの様です。

周りにある直角のコンクリートの水路や崖が水や空気の流れを遮断して、そこの土地のバランスを崩しているのだそうです。

水の流れの蛇行にも意味が在るのだそうです。

雨樋の排水口が黒くなっているのは、水が滞留してスムーズに流れていないのだそうです。

家の後ろの崖の作り方も、元々と変わっているとのこと。

崖の上の木の枝をバッサリ切り落すことが問題解決ではないこと。

風の通り道が大切なのだと。

自然の中にいろんな繋がりがどう在るのかを私たちは知らないのです。

先人の知恵を継承していないのです。

「土木」と「杜」

杜と森の違い。

様々なお話を聴きながら、現状の改善方法を学びます。

大地再生は地道な活動を通して求める人たちを繋いでくれます。

「求めよ。されば与えられん。」

里山再生や農業の再生に関わっていく方が増えていくことは私たちの生きる場所を支えてくれるのではないかと思いますが、人任せでは追いつかない様な気もします。

我が家の庭や周辺を整えていきたいと思っています。

風の通り道

風の草刈り

水の流れと土

結いの活動

先ずは体験をお勧めします。

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのでしょうが、私の日々の状況はほとんど変わっていません。
最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。