地震を予知して警鐘を鳴らしている小学生の話を聴いて、今私が思っていること。

お友だちのお友だちのお子さんのお話です。

Aちゃんは小学2年生。生まれる前の記憶があるそうです。

Aちゃんは最近災害が起こって時代が変わるとご両親に伝えます。

その事をご両親のブログに書いて欲しいと言うそうです。

生まれた時から少し変わった子だったことや本人がご両親に伝えてきたことを考えるとご両親も嘘とも思えず、災害への警告としてやんわりとブログ発信されてるそうです。

今回2月中旬から3月中旬のかけて地震が来るので対策を取る様に発信してというそうです。

なのでご両親が発信されているのを友達が読んで教えてくれました。

どこまで本当か?というよりも心に留めて置いて急な事態に落ち着いて行動出来たら良いなと思います。

何もなければOKだし、何かあると「備えれば憂なし」だから私もそれを伝えたいと思いました。

ブログ記事一部抜粋ショットです。

備蓄や家具の固定など急には出来ないけれど、少しづつ急いで出来ることだけでも良いから気を付けよう。

もし気に留まった方はもう一度生活を見渡してみて下さい。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのに私のスキルはほとんど変わっていません。

最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。