2018年、お約束の山下達郎さんのライブ!

にわかファンですが、お約束のポスター撮り。

実はさっき、達郎さんがホテルから会場へ向かうワゴンに乗り込む間を偶然ロビーでみかけたのです。

友だちが見つけました。

あらら、、、。嬉しい!

毎年楽しみにする様になったのは、達郎さんのトークが優しいと思ったからです。

達郎さんの曲をはじめて聞いた頃、サーファー全盛で、サーファーの集まるディスコでかかっていたのですが違和感を覚えました。

ディスコといえば、soul music と思っていたからですが、

夏といえば、達郎やサザンの時代でした。

その後、新幹線のコマーシャルで有名になったクリスマスソング。

時にその映像を見ると ちょっとせつない。

新幹線とクリスマスがセットになって、遠距離恋愛を盛り上げました。

トークを聞いたこともなかった私の達郎さんイメージは、ナンパなサーファー(当時ナンパな陸サーファーがいて、街中のサーファーのイメージ悪かったのです)が好むアーティスト!というイメージだったのです。

そのうちそれも薄れて、ユーミン、サザンに続く馴染みのアーティストになりましたが、人柄などに興味を持つことがありませんでした。

それが、子育て期の音楽を聴く暇もない時期を過ごして、久々に友だちに誘われて行った達郎さんのコンサートでのトークにびっくり!

みんなが楽しめるコンサートなんです。

何故みんながこうして毎年通うのか?行ってる人は、それがわかっているから通い続けるのでしょう。

とりわけ、今年のライブでは、ずっと昔の事を思い出してみたくなりました。

「当時のままのアレンジです!」と紹介された曲は、今聴いてもどれもカッコいい。

普通の人が楽しめるコンサートの構成とトークに彼の人柄を感じるのは私だけじゃない様です。

感激して涙してる人も多く見受けられます。

アンコールでも何曲も歌ってくれて、皆んなに向けたメッセージもあったかい。

終演後の満足度は、私の行ったコンサートの中でも、ベスト3に入ります。

難をいうと、名前入りになったチケットは他の人に譲る事が難しく、無駄にするしかないのです。

払い戻して再販が売出来ないものか?

お葬式で行けなくなった友人と立ち見席の人をみて思いました。

今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

達郎さん!

今年もありがとう!

達郎さんがバンマスのマリアさんのコンサートにも、一度行ってみたいものです。

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのでしょうが、私の日々の状況はほとんど変わっていません。
最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。