判決 2つの希望を観て。2019年9月5日

理不尽な出来事が起こった時、私たちは相手にどんな対応が出来るだろうか?

http://longride.jp/insult/info/top

相手の行動の後ろにある、どうしようもなさを診ることが出来るだろうか?

自分の痛みの方が、実感があるだけに強く感情を相手に向けると思います。

たまたま観たこの映画に出てくるトニー(ハンナ氏)の態度は、映画の初めから酷く自己中心的でどうしようもなく身勝手でした

対する難民のハラーメ氏は トニーの態度に怒りの言葉を吐いてしまう。

それをトニーは許しません。

立場上、ハラーメはなんとか丸く収めようと必死に自分を抑えなんとかトニーの怒りを交わそうと自身の間違いを認めたり、紳士的な対応を取ろうとするのです。

それでも、トニーは決して許さず、訴訟へと発展します。

とうとうハラーメも我慢しきれずトニーを殴り、それが素で妻が赤ん坊を早産し、子どもに障害が出そうになります。

次第に、2人の裁判を通して、周りの人々がヒートアップしていくのです。2人の裁判は、紛争地域の代理戦争の様子を呈してきます。

裁判を通してだんだんに明らかにされていくそれぞれの事情や在り方。

ハラーメは、トニーの深い過去の哀しみを知り、彼もまた実直に日々を生きる同じ人間である事を理解していきます。

どうしようもない2人の間の怒りの中から、互いへの理解が芽生えてくるのです。

それは、2つの民族間の抗争における希望になるのではないか?って事が 2つの希望ってことかなって思いました。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのでしょうが、私の日々の状況はほとんど変わっていません。
最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。