木型で作る出来立ての落雁の美味しいこと!ふわっと口の中で溶けていくのです。

高松に豆花さんという伝統工芸師の工房があります。


和菓子などの木型を作る方です。
そこで落雁作りの体験も出来ます。
お抹茶付き。

岡山の百姓屋敷「わら」のイベントでそこのお嬢さんと出会ったり、高松にお友達が出来たのが最初のきっかけでした。

はじめて型を買ったのは、お茶会の後にどうしても落雁を作ってみたくなったから。

和三盆を使った作りたての落雁は口の中でふわっと溶けていくから何か通常のカチッとした落雁とは全然違う。これは食べてみないとわからないと思う。

伝統工芸師の上原さんはとても楽しい方で、難しい顔の工芸師さんというイメージとは全く違うのです。

今回、3月10日にNHKで放映される前日という絶妙のタイミングでお邪魔したので、
「明日からは注文が殺到するから、今日で良かった〜!」なんてコマーシャルトークをサラリとおっしゃるお茶目な工芸師さんなんです。

時間を作って行ってみて下さい。
美味しい落雁を作ってみて。

今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。