祈り、

人はどうして祈るのでしょうか?
私の場合「祈る時」は、他に有効な手段が見つからない時が多い様に思います。

神様の領域のとき。
出来たらそういうシチュエーションは無い方が良いと思うのですが、そんなときは対象にとって最善の結果になりますように。と祈ります。

自分のために。

愛する人のために。

関わりのある人のために。

見ず知らずの人のために。

最も苦手な人のために。

祈り易い時あれば、ときにはそうでないときもありそうです。

けれども祈る時はその対象のために無心に祈ることに尽きると思います。
対象にとって最善であれ、と。
祈ることは目に見えないけれど、大きな力になると思います。

今、たいせつな友人のために祈っています。

なんのことかわからないブログになって申し訳ありませんが、一緒に祈っていただけたらと思います。

今日も読んで下さってありがとうございます。

この記事を書いた人

Avatar photo

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのに私のスキルはほとんど変わっていません。

最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅が出来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。