2019年の師走、人気のベラビスタ尾道で。甥の結婚式と披露宴がシンプルでよかった。留袖デビュー。

ここベラビスタ尾道は福山市と尾道市にまたがる高台にあり、日本夕陽百選に選ばれたホテルです。

昔はシンドウ会館と言われ、その後ベラビスタ境が浜に変わり現在は昭和の匂いをすっかり払拭し、人気のリゾートホテルベラビスタ尾道になりました。

近年この辺りには近代建築の建物が建てられ、式場となるリボンチャペルもその一つです。

ガラス張りのチャペルは外から丸見えですが、逆に内部にいると外とひと繋がりの感覚を味わえます。

建物の外にある回廊の様な階段が尖塔から降りてくるリボンの様に見えます。

新婦とその父が新郎が待つチャペル内部にその階段から降りてくる様を新郎とゲストたちが見守る、という演出でした。

式の後は両家の記念写真、披露宴です。

プールサイドの海を見下ろせるロケーションです。

ケーキ入刀はプールサイドで。2人ではじめての作業はお互い相手にケーキを食べさせる事。

引き続き宴は続く。

遠方より集い久々の歓談。面倒な付き合いや関わりもあるけれど、お慶び事は良いな。

 

散会の後で、新郎、新婦のイメージ撮影。

この場所がこのホテルの一番の売り、海に落ちる夕陽が見える場所。日本夕陽百選に選ばれている場所ですね。

やっぱりロマンチックな場所は素敵ですね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのでしょうが、私の日々の状況はほとんど変わっていません。
最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。