北浜アリー

高松に居ても、あまり周りの様子を知らない。
そもそも、高松に来るきっかけになった友達が入れ替わりに沖縄に行ってしまったので、彼女から情報を収集出来ていない。
けれども、こちらで知り合う人は、私が高松の街をほとんど知らないということを知らない。

ここ最近いろんなことを話せるようになったお友達から、街の情報を聞けるようになったので、早速そのおしゃれなエリアに行ってみた。
以前、食事したエリアだったけど、遅い時間だったので他のお店は全部閉まっていて気づかなかったようだ。
今回、行ってみてびっくり!  
なんだ、、、このおしゃれな感じは!

ホォ〜〜〜、いいな。駅からも近いし、海の前だし、、と私は興奮気味!
オススメのお店を探して行ってみると、そこにあった本屋さんは写真集が専門という地方都市には稀有なお店。

しかも、そこは私が何冊かお店に置いている「ニューミニマル」という本を扱っていて、そのお店のフェイスブックから一人のイラストレーターのことを知ったので、行きたいと思っていた本屋さんだった。
そこで、お店にいた人にそのイラストレーターのことを訊ねたら、直接イラストレーター本人に会える約束が出来た。

「動く」ということは、「ツナガル」のだ。フェイスブック上でメッセージを送っていたものの、そのイラストレーターとコンタクトできていなかったのに、結果的に会う約束を取り付けたのだから。

北浜アリーは高松でも新しいおしゃれなエリアのようで、エリア全体がひとつのイメージを作り出している。
バブル期に比べ最近はリノベートとかミニマルとか、、簡素で?シンプルで?再利用とかのイメージが強いが、それがまた程よくおしゃれで無理のない感じが心地いい。

あまり時間もなかったので全体をさっくり眺めたくらいで終わったので、今度はゆっくりと行ってみたい。
ジェネレーションギャップって言葉があったけれど、ギャップがあったって、いいなと感じるならそれでOKだと思うね。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。