今日は、ぬか床を作りました。2019年3月25日〜

糠を準備します。

写真が詳しく撮れていないのですが、味噌作りの時に、麹を作って貰うのですが、その時に出た糠を使います。

そのお米は、自然農に近い作り方をされているものなので、糠の中に残留農薬の心配がないと思うのでその糠を使います。

捨てるとこも再利用できるんですから、昔からの生活って実は合理的なんですよね。

作り方

1、1リットルのみずに140ぐらむの自然塩を煮溶かして一晩置きます。

2、翌日、1キロの糠に、自然塩水(1)と、乾燥しいたけを粉砕したものを入れ、とうがらし適宜入れ、10センチの昆布を切って入れ、よくかき混ぜます。

パンを硬さ調整のために1枚くらい入れても良いらしいのですが、今回は入れていません。よくかき混ぜて、表面を平らにならして一晩おきます。

3、お野菜を一週間くらいの間、捨て漬けをします。朝晩、丁寧に糠をかき混ぜてやります。その時、中の野菜は取り出しておきます。

漬かり具合によると思うのですが、必要に応じて新しい野菜を入れ替えてやります。

一週間くらいして、味が馴染んできたら、漬けたものを食べ始めます。

糠の発酵具合は、自身のお好みで。酸っぱいようだと発酵が進んでいるので、少し塩を多めにしてやればいいそうです。

漬ける野菜を、漬ける前に洗って塩で軽く揉んでから糠につけます。その時に塩加減を調整すればいいと思います。

毎日朝晩、大切にかき混ぜてやれば、きっと美味しいぬか床に成長してくれると思います。

あとは、それぞれいろんな作り方があるので、自身でお試しください。これは、あくまで基本の作り方の一つです。

 

美味しいものを、自分の手で作れた時は、本当に嬉しいものです。

今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

こちらの桜の開花は、東京よりも少し遅いですが綺麗です。

 

 

 

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。