瀬戸内カヤック横断隊と二つの島。2020’

今年も始まった横断隊の一週間。

瀬戸内カヤック横断隊、今年2020年は山口県周防大島の浜からスタートしました。

ゴールは赤穂です。

初めてサポーターでお邪魔した時2012年で、到着地祝島で到着を待ち構えていました。当時出発は香川県豊島(てしま)でした。

片山邸で出陣式が慣わしだった様です。

豊島にある片山邸でワインバーをしていた女性と知り合った事から、豊島の再興を目指す様々なイベントを通じて豊島の事を少し学びました。

豊島と祝島、この2つの島が繋がると良いな、と言ったら、もう繋がってるわよ!と教えてくれたのが「瀬戸内カヤック横断隊」の存在でした。

ゴミの島として豊島はとんでもない経験をしている。島民たちは行政を巻き込んで島に捨てられた膨大なゴミ問題への取り組みと、5それを解決したことを知り、その過程でどんなことがあったか、それからの歩みを島の古老がツアーを開いて紹介されていました。

一方、過疎地に原発を作ろうとする電力会社と生活の基盤である漁場を守ろうとする祝島島民の方達が30年以上にわたって静かな反対運動を続けていました。

この二つの島が他の島と雰囲気が違うのはそういう経験をした島だからだと思いました。

祝島の反対運動に虹のカヤック隊が協力していたので横断隊との繋がりも深い。

瀬戸内カヤック横断隊が2島を結んでいたのを知ってとても嬉しくて祝島まで会いに行き、すっかり気に入って毎年どこかで応援したいと出来る時はサポーターします。

いざ始まるまでメンバーがどうなるかはわからない。一人一人が全て自分で準備計画して実行するのみ。1艇で漕ぐのと30艇が連なって漕ぐのとでは全く違う様です。

毎年全てが新しい体験。連帯感もひとしお!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのでしょうが、私の日々の状況はほとんど変わっていません。
最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。