書きかけてすっかり忘れていたので、ベカコさんの話をアップします。

とある会場で、桂南光さんのお噺を聴いて笑わせて頂いた!

初めて聞く名前だなぁ、と思っていたのですが、なんと!元の桂べかこさんのことでした。

「べかこ」さんなら知ってる!と思って、聴くのを楽しみにしていました。

社交の場に行き慣れていないので、来賓席の方や主催者の方のお話も、なかなか興味深いものがあり、それぞれの方の人間ウォッチも面白く(失礼!)、時間が押していたのも気づきませんでした。

30分遅れで始まり、きっちり30分、機関銃のように話しきって退場されましたが、彼が南光を襲名してもう27年も経つのだそうです。

しかも、年齢を聞いてまたもビックリしました。

というのも、「べかこ」さんで聴いていた頃は、若手噺家のグループに入っていたのですが今年で66歳だそうです。

「なんともはや!気分は浦島太郎みたい。」でした。

南光という名前やべかこという名前をモジッタお話や、噺家という職業についてや人間国宝の噺家を「お荷物」と括ったお話しなど、テンポ良く聴かせてくれました。

もう一度聴きに行きたいと思いましたから、さすがです。

最近思うのは、幾つになっても興味があることをするのは楽しい!ということです。

だったら、子供たちがたっぷりと学ぶ時間のある時に、うまく好奇心を満たすにはどうやったら良いのだろう?

自分なりの人との関わり方ややり方?能力を他人と比べなくてもすむには、どうしたら良いのだろう?と思います。

この歳だから、そう思うのでしょうか?

自分が経験して思うのは、最後は自分がどうしたいか?それに尽きるように思うのです。

これがしあわせ!

これが正解!

間違ってはいけない!

勝つ事が正しく、負けては惨め!とか、

やる前から決められた価値観を刷り込まれ、それに合わなかったり許されない!

(誰も付いて回って許さない!と言い続けるわけではないのに。)と自分が思い込んで、自分がジャッジして苦しんでる。

間違いは次に活かして、次に間違わなければいいし、負けたらどこが弱いか?改善点に気づける。

そう思えたら、楽になれるのになかなか刷り込まれた思い込みが邪魔するから、自分で追い込んでしまう。

時々 うまくいってる人のやり方を真似てみる!のも良いのでしょう。

まずは、自分がやってみること!だと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。