SAORI織りで作ってみました。私のバック完成!

去年から始めたさおり織ですが、はじめはショールばかり織っていました。

今度は、持ち手を皮にしてバックを作ってみました。

お裁縫は嫌いじゃないけど得意ではありませんので、ソーイング教室に行きました。

さおり織もソーイングも、出来上がる時の嬉しさもそうですが、色の組み合わせが楽しいのです。

さおり織にファブリックに皮に、と素材の変化も変幻自在です。

誰が作るかで全く同じ素材でも、

全く違ってきます。

個性ですよね。

とても楽しいのです。

おしゃべりしながら、完成していくのもそうですが、ひとつひとつをどう組み合わせるか?選択していくのも楽しい作業です。

その結果が直ぐに出て来たり、後から思わぬことになったり。

人生だってそうなんですよね。

だけど、今は人生の成功はコレ!っていうモデルがある程度決められてて、違うことを受け入れ難くなっています。

もっと自由に広がりを持って良いのに、と思えるようになったのは最近です。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。