JRの「放出(ハナテン)」行きを間違えて「放出(ホウシュツ)」と読んでしまいました。

友だちと旅行に行くことになりましたが、前泊した方が良さそうなので終電間近の電車の乗り換えで急いでいました。

お互いにリードするほどの旅慣れていないもの同士なので相手頼みのところも多々ある。何もかもが中途半端でチグハグ。

分からないで訊く時は、次々に訊きだすもんだから、訊かれる方はストレスが溜まります。

先ずは、各自が調べてみる。
お互いに情報を共有し、チェックしてから尋ねればスムーズに流れる?
というのが、大人の旅の理想かもしれません。

知らない単語は耳に入っても、簡単にスルーしてしまいます。

そんな時に、丁度新幹線から在来線へ乗り換えの為下車。

乗り換えの電車をチェックしていたら京都での人身事故の影響で遅れや運休のアナウンスが流れ、勢い焦り出します。

ところが、とにかく急ごう!って時に、在来線の改札を出てしまってアタフタと引き返し改札口で駅員に説明していて、なかなか付いて来ないA。

焦って掲示板の行き先の「放出」を勝手に「ほうしゅつ」と読んで 、乗客が電車から降ろされた!と勘違いして、乗れる電車に乗らなくちゃ!と走り出すB。

追いかけながら「ほうしゅつ」に笑いが止まらないA。

ひとまず電車に落ち着いてから話してみると、大笑い。

実は、放出とは「大阪のJRハナテン」駅の事だったからです。

確かに「ハナテン行き」とか聴こえていたけれど、自分たちの乗る電車の漢字だけ見て、思い込んでるので他の電車のアナウンスと思って気がまわらない。

どんなに気を付けても、地名人名は難しいですね。

平素から、心にゆとりを持つ様に気を付けたいと思います。

今日も最後まで読んでくださって、

ありがとう😊ございます!

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。