日本家屋も良いですね。

日本家屋もやっぱり捨て難い。夏仕様の素敵な家屋です。

私たちが子供の頃はエアコンはまだ珍しく、全室に行き渡るのは高校生くらいからでした。

しかもかけっぱなしなんてことはなかったのですが、若い頃は暑がりでガンガンにかけていた様に思います。

それがいつの間にか冷え性になって、エアコンの中にいると調子が悪いのであまりエアコンかけないけれど、全くないと熱中症のなるし、なかなか難しくなっています。

ここ数日家中を開け放ってみましたらなんとびっくり!めちゃくちゃ良い風が入ってくるのでびっくりしました。

母が亡くなる前、ここまで暑いと思っていなかったのは、彼女はいつもまるごと開け放していたからだと気付きました。

この家は西側に隣家があるものの、南は道路で東と北は駐車場があるので風を遮るものがないのでしょう。特に東の玄関からメチャ良い風が通ります。

水を張った水田などがあるとカエルの声がうるさいけれど、風はもっと涼しいです。

いつの間にか防犯上を考えて締め切ってしまったので、その良い風が入ってこなかったのです。

自然の風がこんなに心地いいんです。街中に比べると高原の様に心地いいのです。

日本の家屋ってもともとこんな天然の風に暑さを和らげて貰ってたんだと思います。

カッコいい洋風の家も膝に問題を持つ高齢者には椅子の生活の方がいい場合もありますが、ごろ寝の出来る藺草の畳も捨て難いし、冬の炬燵も。

良いところは残しながら形を変えていけると良いのでしょう。

この夏は玄関もフルオープンで風を遠そうと玄関に網戸を付けることにしました。どうなるか乞うご期待。

だけど、風が止まったらめちゃくちゃ暑いから、夕方は水撒きをしてまた涼を取りたいです。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

子育てが終わったと思った頃にはじめたブログですが、そろそろ子どもが子育てをするような年頃になりました。

「自分のイイな!を誰かと共有したい。興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。特別なスキルなし。」と書いたブログスタート時でした。

けれども、機械音痴はますます酷くなり、PCやiphoeの機能とネット環境はどんどん進化しているのでしょうが、私の日々の状況はほとんど変わっていません。
最近は庭仕事などが増えて、だんだん自然が身近になっている様に思います。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみました。梅干しも味噌も発酵食品も肉や柑橘類の加工品も。お醤油は作れませんでした。
重ね煮も学びました。
オリーブの木を植えてオリーブを収穫し、細かく砕いたオリーブをビニール袋に入れてひたすら手でもんでオリーブオイルも作りしました。
柚子や枇杷で化粧品も手作りしました。あれこれ手作りし過ぎて、家中にストックや道具が溢れました。

体型の変化から手作りの服を作ったり、さおり織りで織った生地で服やバックを作ったりもしました。
全て楽しい探求の日々です。これからもずっとそうありたいです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、だからこそ現在がある!って言える様な日々を目指して、この瞬間を生きたいです。

最近はライフオーガナイザーの認定を頂き、目下自宅の片付けに取り組んでいます。この調子だと数年かかると思いますが少しずつでもすっきりすると気持ちいいです。この経験がまた誰かの役に立つといいなと思います。

ちょうど人生も棚卸しの時期なのかもしれません。

旅と旅の出会いが好きで、その出会いに救われたことも沢山ありましたから、また旅に出る日が来るのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。

詳しくはこちら。