やまそらの梅干しを作り、販売します。

尾道市の奥座敷?原田町にある、廃校になった中学校で、地域の方たちが活動されています。
3月に初めて訪れた時、梅干しの話を交わしたことから、その学校にある梅で梅ジュースづくりのイベントをするということ。
梅を販売するなどという話から、梅干しを一緒に作るという話になりました。

梅ジュースを作るイベントはカフェオーナーが開いて、その後から私と一緒に梅干しを漬ける、という流れでした。

ただ、どのくらい梅が採れて、どのくらい漬けるのか?というのは、梅を採ってみてから。
なので、事前にどのくらい塩を準備していいものやら?わからなかったので、それからの準備になりましたから無駄な動きも多々ありました。

梅ジュースイベントの時に、たまたま向かい合った方と話していたら、梅干しも作りたい!ということだったので、彼女も一緒に手伝ってもらうことになりました。

梅の量がかなりあったので、洗ってヘタを取るだけで、初日終了。

そのあと、塩を準備して出直し。今度は二人作業。

塩漬に重石をする。

梅酢が上がってくるのを待つ。

赤紫蘇を同じ塩分濃度でもんで一緒に漬ける。

土用干しをする。

瓶詰め作業。

ラベルを作って、貼り、イベントで販売。

梅酢に使ったものと、浸かってないものの二種類を作りました。

土用干しが上手くて、ふっくらと仕上がっています。無農薬に酵素塩、とても美味しく出来上がったと思います。

梅作りを通して、いい仲間を作れたり、販売から喜ばれると嬉しいし、また来年も、作れるといいな!と思いました。

最近、いろんな地元イベントとか盛んにあるので、興味があることを身近に楽しめそうです。

今日も最後まで読んで下さって、ありがとうございます。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。