卒業旅行

五月に、初めて男木島に行きました。

image

フランス人のトト君が滞在していたので、友達にクルーザーで連れて行って貰いました。

トト君は私の友だちの娘婿で、初めての日本一人旅。自然豊かな瀬戸内と四国で店を始めた私のことを思い出して、問い合わせてくれました。

男木島は、猫の島で有名になりましたが、由緒正しい神話の神様が祀られている島でもあります。

image

コンシェルジェの案内で、映画で有名になった灯台まで歩いて行きました。

島の道沿いには、沢山の木や植物が勢い良く成長していました。しっかり梅の実とビワとビワの葉と桑の実を取って帰りました。

imageimage

 

途中、手作りの小屋?建物で喫茶店をしているところを見つけ、イタドリのジュースを勧められしぶしぶ注文しました。ところが、レモンの味が勝っていたのでイタドリのらしくなくて、間違いなくその方が美味しいので良かったです。

imageimage

灯台では、山から灯台を目指して降りて来た卒業旅行生3人に引率の先生お一人と遭遇しました。

途中で道がわからなくなって、やっと灯台まで降りてこられたのでした。

image

東京の有名進学校の彼らの修学旅行は、四つのグループに別れて、瀬戸内の各エリアを100名ほどのグループに別れて行くそうです。

島巡り、カヤック、ラフティング、歴史、文化、etcと、テーマ毎に各自でコースを選択するそうですが、そもそも旅行は生徒が全て企画、立案、決定、調整等を行うそうで、我々の頃とゼンゼン違います。

image

彼らと別れて、散策の後港に戻ってみると、狭い島なので、あちらも港でフェリー待ち。
コンシェルジェの気のいいお爺ちゃん?おじさんが、一緒に帰えろう!と提案して、ヨットで島から一緒に戻りました。

IMG_4765IMG_4641

トト君も、島の風景や食物を堪能し、ヨットの運転、高校生との交流と面白かった様です。
我々年配組も、普段関わることのない若者達と過ごせたのは、楽しかったです。

IMG_4721image

そのうちに、とうとう翌日も修学旅行生とジョイントすることが決まり、クルージングに島巡りにアート観賞にと2日間を一緒に楽しみました。

トト君は、その翌日の夜には徳島行きの車を居酒屋で調達して、翌々日の朝、徳島に向けて出発しました。なんとも逞しい。

IMG_4733image

旅の出会いは、予期せぬものですが旅の楽しみのひとつ。

imageimage

瀬戸内は今、「熱い!」エリアだと思いました。
「暑い」エリアにも、なりつつあります、、、。

 

 

 

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。