九頭龍神社と箱根神社と箱根の湯治。二社参りのまわり方。

何十年ぶりかの箱根小旅行に友だちと出かけました。
温泉と、九頭龍神社が目的です。

九頭龍神社と箱根神社の二社参りになりました。
登山鉄道やモノレール沿いに、紫陽花が群生しています。

ロープウェイから見える富士山は帽子を被っていました。

小涌谷の煙や木々の立ち枯れも初めて見ました。

芦ノ湖半の煙った山々と気候は、イタリア、スイスの湖水地方と似ています。

都心から1時間2時間で、こんな自然豊かな場所があるなんて、羨ましいです。

温泉も肌がモチモチするし、うっかり目に飛沫が入るとチクチクします。

温泉卵は、硫黄の匂いがします。

別府は、街中が硫黄の匂いがするのに対して、箱根はあまり感じないのは、高低差があるからでしょうか?

九頭龍神社は、毎月13日は参拝の船が出ますが、通常は歩きしかありません。

意を決して、歩くことにしました。

湖畔の山道は、マイナスイオンでいっぱいです。

紫陽花も原種の小振りな花ですが、可憐です。

ようやく九頭龍神社の入り口に来ると、今日は東京中の神社が九頭龍神社に集合して、何かやっていました。

お参りを済ませて戻ると、そちらの行も終わって、船が桟橋から離岸していました。

東京中の神様が集まる日に参拝出来たのは、幸運でした。

今度は、プリンスホテル目指して歩きました。

プリンスからバスに乗れないかと思っていたら、船があるというので、船で箱根神社のある桟橋まで行き、二社参り完了!

http://www.hakone-ashinoko.net/special_page005.html

箱根湯本までバスで戻り、小田原に。

3泊くらいのゆっくり滞在する計画が立てたいと思いながら東京に戻りました。

若い頃の箱根旅行とは趣きがちう、貴重な箱根詣ででした。

湖畔から参道に上がって行くのも、風情があって良さそうです。

 

 

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。