蕎麦打ち講座

今月から、蕎麦打ち講座に参加します。

今日が初の蕎麦打ち体験。

公民館に集合します。

道具の搬入のお手伝い。

ご挨拶ののち、先生のデモンストレーションを見学します。
私は、蕎麦打ち体験は初めてです。

年長者の方たちが多く、ざっと10人未満。

長い方は、10年くらいの生徒さんもいらっしゃいました。

デモンストレーションの間にプンっと蕎麦の香りがします。

その後、それぞれ打ち始めます。

年長者の方がサポートして下さって、なんとか蕎麦を切るところまで出来ました。

馴れた手つきの先生の蕎麦と初めての私の蕎麦では、全くの別物でした。

せっかくのそば粉が勿体無いな、とも思いますが、自分の打った蕎麦には、愛着がありました。

打ち終わったら、先生が初めに打って下さったお蕎麦でもり蕎麦をいただいて、お片付けして 終了でした。

早速、帰ってから蕎麦好きの息子に試食して貰いました。

太さも長さもバラバラですが、文句も言わずに食べてくれたので ホッとしました。

蕎麦団子状態もありました。(汗)

月に一度の教室ですから、おみやげに持って行けるようになるまでは、当分かかりそうです。

どちらかというと、最近はうどんよりも蕎麦の方が好きです。

お道具は、当分講座の時だけお借りします。

全部道具も揃えて、自宅で打てるようになれますように。

講座中にペーペーなので写メを撮るのを控えたのと、家での出来上がりが恥ずかしいのとで、写真はありませんでした。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。