ティルワンナマライは南インドの小さな街ですが、世界的に有名です。ラマナマハリシのアシュラムがあるからだと思います。

ティルワンナマライという名前を久々に聞きました。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ラマナ・マハルシ#/media/ファイル%3ARamana_3_sw.jpg

ほぼ10年前に巡礼地ツアーで行きました。
ラマナマハリシが籠った山、アルナチャラはシバ神の山です。そにも登りました。

運動不足で、死にそうにしんどかったのを覚えています。

シバ神の寺院では、初の日本人巡礼ツアーと新聞に掲載されました。

今回、そこに長く暮らす方と知り合いました。

もう、インドの方が長いそうです。

どこで暮らすようになるか?なんて、生まれた時にはわからないし、自分の望む所に暮らせるとも限らないのですから、人生とは不思議です。

ラマナマハリシの、「我は何者か?」という問いかけに多くの人が共感して集まるのでしょう。

その前日には、東京にあるラマナマハリシの瞑想センターに行きました。

何故か、ながいながい記憶を改めて思い出しました。

偶然はない。と言われています。久々に、インドに行くのかしら?と、ふと思いましたが、

南インドでは食べ物に苦労しますから、やっぱり、イタリア、フランスの方が過ごし易いです。

ただ、同じ費用で滞在可能な期間は全く違います。

インドは修行ですね。

この記事を書いた人

mu-chan

mu-chan

子どもたちが成長したのを機に、日々の探究を綴っていこうと思います。

自分のイイな!を誰かと共有したい。
興味のあることを学んだり、便利な機械を使いこなしたい。けれども、機械オンチで苦労するし、なかなか思うように使いこなせない。
特別なスキルなし。

食べることが好きなのでなんでも手作りしてみます。
出来たものは誰かと一緒に食べて、喜ぶ顔が見たい。ときどき化粧品なども手作りします。
旅と旅の出会いが好きです。瀬戸内の穏やかな海が好きです。

過去に反省点もてんこ盛りですが、出来る力を出し合って、より良い日々を紡ぐ。そんな楽しく助けあえるコミュニティづくりを探求中。

詳しくはこちら。